skip to Main Content
お問い合わせは  04-2935-7911 info@minerva-corp.jp

ペットに熱中症はあるの?

暑い夏、熱中症になるのは人間だけではありません。ペットにも熱中症が起こります。しかもペットは言葉で「暑い!」など言うことができないため、飼い主がペットを守ってあげなくてはなりません。

ペットの熱中症の症状は?

ペットが熱中症になった場合、以下のような症状が見られることが多いようです。

  • ぐったりして動きが悪くなる。伏せたり寝ているような感じになる。
  • まっすぐ歩けずふらついてしまう
  • 呼吸が荒く、苦しそうにする
  • 熱を逃がすためによだれが多く出てくる
  • 通常よりも体温が高くなる
  • 食欲が低下する、水分もうまくとれなくなる

このほかに嘔吐や下痢、震えや痙攣などの症状が出ている場合は熱中症と考えられます。
濡れたタオルで身体を冷やしたり、水分を与えるなどして応急処置を行った上、獣医師の処置を受けるようにしましょう。

気温22度、湿度が60%を超えたら熱中症の危険サイン

ペットは人間が思っている以上に熱中症に弱いものです。気温が22度を超え、湿度が60%を上回ったら熱中症の危険サイン。自宅などでもペットのいる場所には必ず温湿度計を設置して見守ってあげましょう。

また、暑い時期の散歩なども路面からの照り返しや路面温度上昇があるため、地面の近くを歩く犬たちは高い温度にさらされるので十分に注意しましょう。

冬でも強すぎる暖房は控えて

ペットのためにも、と思って暖房を強くしすぎてしまうことはありませんか?
前に記載したとおり「22度」を超えると犬たちは暑さを感じ熱中症の危険が出てきます。ちょっとの時間留守にするから寒くないように部屋を温め過ぎたりしてはいけません。過ごしやすい温度設定で家族みんなが快適に過ごせるようにしましょう。

Back To Top